お肌への影響

海03現在冬の盛りであることから乾燥した気候になっており、そのため人体にも様々な影響を及ぼす季節でもあります。その様々な影響の中でも表面として表れやすいのが乾燥肌であり、この乾燥肌とは肌に必要な水分と油分が少なくなる事で肌を守るバリアが薄くなりそれによって細菌やほこりなどに対して抵抗力を失う事を言います。その乾燥肌によって引き起こされるものとして挙げられるのが、まずお肌に水分と油分が無くなる事で切り傷が治りにくいほかにも頭皮のダメージとして薄毛のリスクが上がりそして乾燥しているため雑菌が繁殖しやすいことから顔から胸にかけてニキビになりやすい状態になるのです。こういったニキビなどの肌トラブルを解消するには保湿が良いのですが、それと同時に体の内部もきれいにする必要がありこの2つを同時にこなすことに役に立つのがアロマテラピーと言えます。このアロマテラピーとは様々な薬効のある植物を水で煮出して、それを専用のキットに入れてミストとして吸引する事を言います。このアロマテラピーの効果とは植物の中には人の体の中に入ると精神を安定させる事に加えて、その薬効が入りやすい温度でミスト状にすることでより効果を発揮しやすいと言えます。先に言ったニキビや薄毛にはヨーロッパのスペイン周辺で取れるハーブが、こういった症状の改善に役に立つのでお勧めです。

コメントは受け付けていません。