クラリセージとの違い

海07セージにはいろいろな品種がありそれぞれに原産地や花や葉の色などが違いますクラリセージはヨーロッパ中南部が原産で、二年草です。高さが1mほどまで成長し、葉は大きいのが特徴で花茎は枝分かれして立派な花穂ができます。開花したときの存在感はすばらしいものがあり、花の付け根に付く葉が大きく白く色づき、花の色は淡い紫と白です。花と歯には芳香があり、クラリセージの花や葉から精油をとることができます。抽出方法は水蒸気蒸留法が用いられ、無色または淡い黄緑色で甘くナッツのようなちょっと強めのハーブ調の香りがします。鎮静効果が非常に高いとされ、偏頭痛や喘息、消化不良、腹部の緊張、高血圧、筋肉痛などに良い効果があると言われており、脂性肌や脂性髪、頭髪の減退、ニキビや吹き出物、シワにも良いとされています。また、子宮に対しても良い強壮剤にもなり、ホルモンのバランス調整にも優れています。クラリセージには、毒性、刺激性や感作作用はありませんが、多量に使用した場合に頭痛の原因になってしまうことがあるので注意が必要です。また妊娠中の使用や、アルコールを摂取した後の使用は良くないとされていますのでそういったときには控えるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。