主要成分について

学名はサルビア・ラバンドゥリフォリアと言います。雲02
紫色の花を咲かせ、小さな葉を擦ると、とても良い香りがするハーブであり、サルビア・ラバンドゥリフォリアに含まれる主要成分はリモネンやシネオールやカンホールです。
リモネンは柑橘類の果皮によく含まれており、香料として使われます。
シネオールはすっきりとした味とさわやかな匂いを持っており、化粧品・香料・食品添加物として利用することが多いです。
炎症や痛みを和らげたり、白血病細菌を殺菌したりといった効能があります。
そのため、サルビア・ラバンドゥリフォリアから抽出された精油は、頭痛やストレスや神経疲労を和らげたり、切り傷や擦り傷や歯肉炎などの様々な炎症を和らげたり、ニキビなどの肌のトラブルの症状を緩和したりするために使われます。
また、カンファーの含有量はローズマリーの約2倍の量が含まれています。
サルビア・ラバンドゥリフォリアの産地は、スペインであり、精油もスペインで生産されています。
このエッセンシャルオイルと相性が良い物は、ベルガモットやユーカリやオレンジやペパーミントなどがあります。
マッサージやルームフレグランスやアロマバスなどで使って、ストレスを取ったり、炎症を抑えたりします。

コメントは受け付けていません。