オススメの使用方法について

アロマの精油の使用方法としては、基本である芳香浴、お湯に精油を数滴いれて足や手などを温める足浴法や手浴法、精油を使って手作りの基礎化粧品を作るなどがあります。海05
この精油は、ラベンダーによく似た香りのため、「ラベンダーセージ」とも言われ、昔から食べ物の香りづけにつかったり、せっけんなどにも使われる親しみやすい香りのものです。
芳香浴を行う場合は、アロマポットなどで香りを部屋に広げます。副交感神経が優位になり、体がリラックス状態になって寝つきが悪い場合などにも効果があります。
入浴などに用いる場合は、湯を張ったバスタブに精油を数滴たらして香りを楽しみます。この精油は筋肉痛や、むくみなどに効果があるので、入浴しながら湯船で足首を伸ばしたり、軽くマッサージすれば、よい香りの中でリラックスしながら体を休めることができます。
また、近年オーガニックスキンケアなどが流行し、自分で化粧水などを作る基材と呼ばれる材料もアロマショップなどで売っています。精油を使えば自分好みの基礎化粧品が作れます。この精油はニキビや多汗症などに効果があるので、精製水とアルコールで化粧水等を作ると、べたつきなど肌の調子が気になる人には効果的です。

コメントは受け付けていません。